ヒデさんの気ままな湯けむり日記(^^;

アラフォーおやじが食べ歩き、時々温泉で気ままに日記を更新して行きます(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪天保山にある世界最大級の水族館「海遊館」

...前回からの続きです
今回旅行の最終日05/29(火)は、10時にホテルをチェックアウトして、まず大阪港にある「海遊館」に行きました。


■海遊館 入口

平日ということもあり、人は少なめでしたが、小学生が遠足で来ているようで、ちょいと騒がしかったです。





■魚のとおりぬけ・アクアゲート

サービスカウンターを抜けて、直ぐのアクアゲートになります。ガラス張りの海中トンネルで一面ブルーできれいでした。





■ジンベエザメ写真撮影コーナー

1枚1,000円で記念写真を撮ってくれるようです。

■カリフォルニア アシカ

モンタレー湾エリアにいた「カリフォルニア アシカ」です。この時は、餌やりをしていました。



■エクアドル熱帯雨林 エリア

「エクアドル熱帯雨林」はアマゾン川流域に暮らす動植物のです。ピラニアなどもいました。

■カピバラ

アマゾン川流域を中心とした、温暖な川辺に生息する世界最大のネズミの仲間です。

■オウサマペンギン

南極大陸エリアには「オオサマペンギン」がいました。コウテイペンギンに次いで2番目に大型のペンギンだそうです。

■カマイルカ

タスマン海エリアには、カマイルカがいました。もう少しアップで写真撮りたかったです。d(‥〃)o残念です。

■グレート・バリア・リーフ

オーストラリアのグレート・バリア・リーフは5,000以上のサンゴ礁が連なり、その長さは2,000kmにもなります。ここでは、形状・色彩とも精巧に再現したサンゴ礁を、色とりどりの魚たちが泳ぎ回っていました。



■マイワシの大群

大きな群れをなしており、竜巻のように泳いでいました。迫力ありましたぞ。



■エビスザメ

世界中の温帯・熱帯域の沿岸から大陸棚に生息する大型のサメで、成長すると全長約3mになるそうです。

■ウミガメ

クック海峡エリアにいた「ウミガメ」です。良く撮れているでしょ。


この魚はなんだろう?とりあえず撮りました。

■タカアシガニ

ここでは、日本海溝の斜面部水深200~400mのところに生息している世界最大のカニタカアシガニを中心に、深海の生き物を展示していました。


美味しそうなカニだ。

■ミズクラゲ

日本沿岸でもっとも見ることができ、傘の直径が20~30cmになるそうで、比較的大型のクラゲです。ゆらゆらと泳いでました。

■アカクラゲ

こちらもクラゲの中でも大型種類傘にある赤褐色の16本の放射状の模様が特徴です。

■いそぎんちゃく

いそぎんちゃくなのだが、綺麗な色でしたなぁ。ゆらゆらと水に揺れていた。


■海遊館 映像(by youtube)
youtubeにアップしましたので、ご覧下さい。

良い所、良い所の映像をつなげて作成しました。是非ご覧ください。


ここの水族館は、入館後、アクアゲートを抜けてエスカレータで8Fまで行き、中央の大きな水槽沿いの順路で降りて行くのだが、一つの水槽でこれだけ大きいところは初めてです。感動しました。(*≧ω≦*)
この日はジンベエザメの展示を中止していたようで、ちと、d(‥〃)o残念でした。

ということでお昼なりましたので、お隣の「なにわ食いしんぼ横丁」に行くことにしました。(続く...


■海遊館
住所:大阪府大阪市港区海岸通1丁目1-10
TEL:06-6576-5501
アクセス:
電車:大阪市営地下鉄:中央線「大阪港」駅下車徒歩5分
バス:大阪市バス:「天保山」下車すぐ(※大阪駅からは88系、なんば駅からは60系で「天保山」行き)
車:阪神高速湾岸線・大阪港線:「天保山」ICより約5分
営業時間:AM 10:00 ~ PM 8:00
入場料:大人(16歳以上、または高校生以上)2000円、こども(小・中学生)900円、幼児(4歳以上)400円(金額は全て税込み)
パーキング:天保山駐車場(1600台)180円/30分

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukemuri1.blog96.fc2.com/tb.php/75-e16f0a55
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。