ヒデさんの気ままな湯けむり日記(^^;

アラフォーおやじが食べ歩き、時々温泉で気ままに日記を更新して行きます(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姥子 秀明館 【箱根 姥子温泉】


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

04/04(水)、は以前から気になっていた、姥子(うばこ)温泉秀明館に行って来ました。

姥子温泉は箱根大涌谷に近くある温泉ファンには有名な温泉施設で、全面木造の純和風な鄙びた雰囲気で、古くから眼病に効く温泉として知られている。

かの坂田金時(金太郎)が目に怪我をしたとき、姥がお告げで見つけた温泉で目を洗ったところ全快したとの伝説があるようです。



■外観

新しい経営者になり、建物は大正時代の外観残し、内装をきれいに改修している。現在は日帰り専門の施設として営業されている。(※新しい経営者は箱根湯本の温泉施設「天山」のオーナー)

車で13時頃に到着。平日だったので、空いているだろう思ったのですが、ほぼ満車状態でした。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

受付に入り、入浴をお願いすると、既に安い個室休憩室は埋まっており、3,000円(入浴+個室休憩室、館内着、ハンドタオル、バスタオル付き)の部屋しか空いていない状態でした。空いている3,000円の洋室で入館しました。(ノ_・、)シクシク

(※基本は個室利用の4時間休憩プラン(2,300円~)であり、入浴のみは15:00から。)

■道路からの看板


■施設入り口


■駐車場から館内入口への歩道








■館内入り口




■入館受付




■個室休憩室

受付を終わらせ、個室休憩室へ。
高目の個室休憩室だけあって、お部屋は広かったです。恐らく12畳ぐらいはありそう。夫婦2人ではちょっと広いかな。

テレビはありません。また隣接している施設などもないからか、とても静か。ゆっくり静かに過ごすには最高だ。

部屋から「富士山」も良く見えました。絶景です。

まずは、館内着に着替えて男湯に向かい、何人ぐらい入浴しているか確認しに行ったら、5人も居たので、先に昼飯を食べることにしました。

■アンティークな家具


■レトロな照明


■石油ストーブ:少し寒かったので、ストーブをつけました。エアコンはありませんでした。


■部屋から見える「富士山」


■さらに窓を開けて「富士山」


■昼食のため、備え付けのポットでお茶入れました。


■来る途中、西湘バイパス 西湘PAで買った「おにぎり弁当」、もう少し豪勢にしたかった。
 もう少し豪勢な弁当、デパ地下で買いたかったなー。後、施設内に電子レンジがあれば、良いなと思いました。

(※ここは、レストランなどが併設されていないため、飲食物は持ち込み可です。)



■もぐもく。≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグモグ




■男湯

昼食後、お風呂に向かいました。お風呂は、館内の廊下を歩いた先にあります。

男湯入り口から、館内スリッパを脱いで脱衣所に入る。いつ改装したのかわからないが、新しくきれいです。

お風呂の方は温泉マニアが喜びそうな、秘湯の共同浴場風の脱衣所とお風呂の仕切りがない、渋い造りになっています。

浴室は高い天井のヒノキ造りで広くは無いが開放感があります。

浴槽は3つあり、奥の大岩側の湯壷は入浴禁止で、手前にある2つ浴槽は仕切りがあって中温(左)と高温(右)に分かれています。

奥の大岩の湯壷は、源泉が染み出ていて手を入れると非常に熱く高温湯、しめ縄がかかって、なにやら神様を祭られているような雰囲気だ。

湯に浸かると超クリアなお湯が勢いよくあふれて、ちょっと熱めだが、とても気持ち良いい (* ̄ー ̄)o。

■館内の廊下(廊下の先:中央が男湯、右側が貸切風呂、左折で女湯へ)


■男湯入り口


■脱衣所






■奥の大岩の湯壷:神秘的なしめ縄


■奥の大岩の湯壷:「眼のために顔だけ湯に入れることができます」と書いてあったが、熱く高温湯だったのでやめた(゚A゚;)アツー。




■入浴できる2つ浴槽:中温湯(左)と高温湯(右)


■中温湯(左):40度ぐらいかな?


■高温湯(右):42度以上はあるな!蛇口から温泉が勢いよくあふれていました。




■浴室右の蛇口にはヒシャクが置かれ飲泉も可能な温泉冷泉あります。まろやかな味だ。


■ここでは、石鹸、シャンプー使用禁、体を洗うには貸切風呂を使用する。




■女湯

女湯の方は妻にお願いして撮ってもらいました。女湯は、館内廊下を突き当たり左折で、さらに先ににあります。

基本的に写真を見る限り、男湯と構造は同じかと思われます。

違う点は、女湯横に、女性専用の無料休憩所があるようです。

■この先「女湯」目印


■さらにこの廊下を進み女湯へ


■女湯:入浴できる2つ浴槽:高温湯(左)と中温湯(右)


■女性専用の無料休憩所(パウダールームの代わりかな?)




■館内

■無料休憩所①:入り口


■無料休憩所②:個室休憩以外にお風呂から出たところに無料休憩所があります。


■無料休憩所③:座敷、無料マッサージチェア


■無料休憩所④:本棚


■かまど①:無料休憩所の隣に「かまど」があります。


■かまど②:昔湯治場だったころの名残でしょうか?レトロな気分で心休まります。


■男性トイレ:トイレもきれいです。(洗面所)


■男性トイレ:立ちション処


■男性トイレ:洗浄便座も装備されています。最高。ワァ──o(。´・∀・`。)o──ィ♪


■他の個室休憩室:
早い時間に入館して既に退室したお部屋を覗いてみました。ここは和室で6畳ぐらいの広さ、恐らく入浴料込み2,300円のお部屋かと思われる。我々夫婦では十分な広さ、今度、早めに来てここにしよう。やはり、畳にゴロリでお昼寝できるのが良いですよね。




■中庭

館内中央には広々した中庭があり、芝生の隅々に木々が植えられており、またこの古い建物にマッチします。けっこう広くて清々しいです。
初夏の青々した木々や秋の紅葉の時期だと色々な景色が見られて楽しめそうです。(* ̄∇ ̄)o

■広々した中庭






■中庭から見る「箱根ロープウェイ」


■中庭あるベンチ:もう少し暖かくなれば、気持ち良いだろうな!(4月上旬だと、まだ、ちと寒いぜ!)


■中庭ある灰皿:喫煙所




■お堂へお散歩

最後に施設内にある「お堂へお散歩」です。ここも景色が良く気持ちいいーです(* ̄ー ̄)o。

■姥子温泉 資料館












私は横浜在住ですが、比較的近い所にこんなに良いところあったなって、もう少し早いうちに来ておくべきだったと、後悔をしてしまいました。
箱根で静かな時間を過ごしたい人には是非ともお勧めの一湯です。




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukemuri1.blog96.fc2.com/tb.php/31-884cdf3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。