ヒデさんの気ままな湯けむり日記(^^;

アラフォーおやじが食べ歩き、時々温泉で気ままに日記を更新して行きます(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『千と千尋の神隠し』のモデル 四万温泉の「積善館」で日帰り入浴プラン

7/15(木)は、宝川温泉を後にして四万温泉の老舗旅館「積善館」へ日帰り入浴をに向かった。

積善館は、映画『千と千尋の神隠し』のイメージモデルのひとつとも言われ、映画『天国の駅』のロケ地としても知られる群馬県四万温泉の老舗旅館。群馬県指定重要文化財の歴史ある建物と赤い「慶雲橋」、昭和5年建築の大正ロマネスク様式を用いた「元禄の湯」はともに四万温泉のシンボル的存在にもなっていると言われています。


●施設入り口の看板


●『千と千尋の神隠し』のモデルになっている赤い橋(慶雲橋)。






●重要文化財に指定されている積善館本館玄関




●大正ロマネスク様式を用いた「元禄の湯」
平日のAM11時だった為か、入浴客は誰も居ませんでした。貸切風呂状態でゆっくりできました。
脱衣所とお風呂の仕切りが無く、開放感があり、良い感じでした。






●本館大広間
入浴後、3階のお食事ところで、温泉で茹で上げた「温泉釜揚げうどん」とビールを頂きました。
食後に2階の「本館大広間」でお昼寝タイムをしました。こちらも平日だった為か、貸切状態でした満足。


今回は「昼食付き日帰りプラン」で入浴。温泉水を用いて練り上げ、温泉で茹で上げた「温泉釜揚げうどん」+入浴の利用で¥2,000とリーズナブルでした。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yukemuri1.blog96.fc2.com/tb.php/2-c0f57cd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。