ヒデさんの気ままな湯けむり日記(^^;

アラフォーおやじが食べ歩き、時々温泉で気ままに日記を更新して行きます(^^;

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根ホテル小涌園 格安プラン、水着で遊ぶ温泉テーマパーク「ユネッサン」で満喫

今回は、2011/09/11に泊まった「箱根ホテル小涌園」と翌日に行った温泉テーマパーク「ユネッサン」についての記事を書きます。


■箱根ホテル小涌園 入口

久々に来ましたが、やっぱり、ここは遠いですね。

箱根湯元から、ずーっと坂を上がって行き、宮ノ下の交差点を左折してさらに坂を上って行きます。箱根湯元から40分ぐらいかな。


正面入口の玄関です。脇には結構大きい駐車場があります。


■中庭の庭園

フロントでチェックイン。向かいには広いテラスがあり、そこから中庭が眺められます。三井総本家の別荘時代に造園された庭園らしいです。


庭園内にある木々、芝生も青々と茂り、気持ちの良い景色です


この時も宿泊客が庭園におりて散歩していました。


■泊まったお部屋



今回は、期間限定プランで一泊朝食付きで1人5000円のプランで宿泊しました。格安でしょ!お部屋は「スタンダードツイン」という部屋で、我々夫婦2人には十分な広さでした。

お部屋で少し休んだ後、大浴場に向かいました。お風呂も写真に収めようと思いましたが、人が多く残念しました。

夕食は、外で食べよう思っていたのですが、風呂から上がったら、車を動かすのが億劫になり、結局、ホテルの隣にある「ファミマ」で、おにぎり、つまみ、酒などを購入して、お部屋で飲食しました。


■夜食処 せせらぎ亭



「お部屋でつまみ、酒」、「大浴場の露天風呂を満喫」などを繰り返していたら、小腹が空いてきて、大浴場入口にある、ラーメン屋に入った。


チャーシュー麺1000円です。ホテルなのでちょっとお高めですね。

さらに「お部屋で酒」、「大浴場の露天風呂を満喫」を繰り返し、この日は、就寝した。


■朝食 バイキング

朝7時に起き、大浴場で寝癖を直し露天風呂で汗をかきかき二日酔いを克服した後に、朝食会場に向かった。


昨晩は、ろくなもん食べていなかったら、朝食バイキングはガッツリ食べました。和洋で種類も多数あり、美味しかった(゚д゚)マイウーです

今回は、一泊朝食付きで1人5000円の格安プランで、CP的に大変満足でした

なお、小涌谷近辺はレストランがないので、外で食べる場合は、「宮ノ下」か「強羅」まで行かないとないですね。

チェックアウトして、「ユネッサン」に向かいました。


■箱根ホテル小涌園
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL:0460-82-4111
アクセス:
車以外/JR東海道本線又は小田急線小田原駅下車、バス約45分
車/東名道~厚木IC~小田原厚木道終点箱根口ICから約20分
送迎:路線バスが小田原始発 箱根湯本経由で運行しております。(所要時間:小田原より約45分・箱根湯本より約20分)
パーキング:有り(無料)


■水着で遊ぶ 温泉テーマパーク「ユネッサン」

■神々のエーゲ海

箱根ホテル小涌園チェックアウト後、道を隔ててお隣の温泉施設「ユネッサン」にGo!

入館して、まずはユネッサン屋内ゾーン最初のお風呂「神々のエーゲ海」に行きました。

ここは、エーゲ海に浮かぶ島々をイメージした3つのコーナーとその周囲には、 ジェットバスや噴水など異なる8種類のジャグジーが設置されています。とにかく広くて気持ちいい

■クラゲ鑑賞風呂

期間限定で「クラゲ鑑賞風呂」がありました。クラゲ鑑賞のヒーリング効果と温泉の効能とを相乗させたリラックスできるお風呂です。

■ボザッピィのジャングルジム

ここは、お子様向けの遊戯施設です。家族で皆で遊んで・はしゃいで・楽しむのには最適!この時も親子連れでたくさんの人が遊んでいました。

■洞窟風呂

ここは、屋外のロデオマウンテン(ウォータースライダー)の下にある、お風呂です。洞窟中は幻想的な光でちょっと暗いのですが、半身浴できる程度の浅瀬のお湯で長居リラックスできます。

■ドクターフィッシュの足湯(by youtube)
youtubeにアップしましたので、ご覧下さい。

ここは、「ドクターフィッシュの足湯」、噂の古い角質を食べてくれる魚を足湯で体験できます。私は何度も体験していますが、私の水虫足もガッツリ、カミカミして食べてくれます。気持ち良いですよ。

■コーヒー風呂

日本初の温泉で低温抽出する粗挽きネルドリップ式のコーヒー風呂らしいです。


10:30、13:00、15:00にコーヒー投入のパフォーマンスが見れます。


このコーヒー風呂は疲労回復・リラックス・美肌などの効果があると言われているそうです。

お湯に入ると、結構コーヒーの香りがします。

■酒風呂

写真の大きな酒樽からは本物のお酒がポタポタと滴っており、お湯からはほのかにお酒の香りがします。温泉とお酒の効果により体がシンからあたたまります。

■緑茶風呂

写真の大きな急須から緑茶が流れ出ています。

温泉にカテキンもたっぷりと含まれていますので、肌荒れ予防にも効果が期待できるそうです。

■炭風呂

情緒溢れる日本家屋風の施設の中にあるのは「炭風呂」です。


人が多く、湯船は写真に収められませんでした。

どのような感じかと言うと、湯船の中に墨の入ったカゴが何個かあり、室内は炭のマイナスイオンでムンムンした感じです。

温泉の効能にプラスして炭のマイナスイオン効果と遠赤外線効果が加わっておりリラックスできます。


写真には少しのお風呂しか収められませんでしたが、かなりの数のお風呂があります。

私が知る限り、水着で遊べる温泉施設では関東最大かと思います。

カップルでも家族とでも男女一緒に楽しめるが良いですね。

行ったことがない方には、是非オススメです。では。


■箱根小涌園ユネッサン
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
TEL:0460-82-4126
アクセス:
車以外/JR東海道本線又は小田急線小田原駅下車、バス約45分
車/東名道~厚木IC~小田原厚木道終点箱根口ICから約20分
営業時間:9:00~19:00
パーキング:有り
収容台数:1,100台 ご利用時間:8:00~22:00 駐車料金:1日1,000円 ※ユネッサン駐車場は2時間まで無料となります。

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
ブログランキングに参加中です。
応援よろしくおねがいします♪

スポンサーサイト

箱根 大涌谷


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

今日は、過去の写真を整理していたら、一昨年(2009/5/10日)、箱根旅行に行った際に立ち寄った、「大涌谷」の写真が出てきましたので、その時のことを書いています。



■大涌谷観光センター

ここは、駐車場の横にある「大涌谷観光センター」です。レストラン、売店などがあり、お土産などが買えます。





【お土産さん前の黒タマゴのキティちゃん】




■ロープウェイ 大涌谷駅

大涌谷観光センターから撮った「ロープウェイ 大涌谷駅」です。





■大涌自然研究路

ここの自然路を登って、頂上の「玉子茶屋」へ向かいます。上までは歩いて約20分ぐらいです。
この時は、5月上旬で服装は半袖で汗ダラダラで登りました。(≧◯≦)

【途中、所々に噴煙があがってます。】




【妻は日傘をさして登りました】


【ここが中間地点ぐらい】


【中間地点で後ろを向くと、こんな感じ】


【頂上までもう少し頑張ろう。】




■玉子茶屋

「玉子茶屋」に到着、汗ダラダラだったので、日陰でちょっと休憩。
そして、お決まりの「黒たまご」(5個入り500円)を購入。運動後の茹でたまごは美味しい。(●゚∀゚●)
一個食べると寿命が7年延びると云われている大涌谷名物「黒たまご」。

【玉子茶屋】


【大涌谷名物「黒たまご」】


【湯釜】
この湯釜でたまごを茹でて、「黒たまご」を作っています。




【湯釜:動画もアップしました】


【頂上は噴煙地帯が広がっていいます。】


【頂上から撮った「観光センター」】




ここは、上まで登るのにちょっと疲れますが、噴煙や硫黄臭いといったところが温泉地域の名所といった感じでいいです。
箱根観光では、外せないところですね。




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


姥子 秀明館 【箱根 姥子温泉】


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

04/04(水)、は以前から気になっていた、姥子(うばこ)温泉秀明館に行って来ました。

姥子温泉は箱根大涌谷に近くある温泉ファンには有名な温泉施設で、全面木造の純和風な鄙びた雰囲気で、古くから眼病に効く温泉として知られている。

かの坂田金時(金太郎)が目に怪我をしたとき、姥がお告げで見つけた温泉で目を洗ったところ全快したとの伝説があるようです。



■外観

新しい経営者になり、建物は大正時代の外観残し、内装をきれいに改修している。現在は日帰り専門の施設として営業されている。(※新しい経営者は箱根湯本の温泉施設「天山」のオーナー)

車で13時頃に到着。平日だったので、空いているだろう思ったのですが、ほぼ満車状態でした。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

受付に入り、入浴をお願いすると、既に安い個室休憩室は埋まっており、3,000円(入浴+個室休憩室、館内着、ハンドタオル、バスタオル付き)の部屋しか空いていない状態でした。空いている3,000円の洋室で入館しました。(ノ_・、)シクシク

(※基本は個室利用の4時間休憩プラン(2,300円~)であり、入浴のみは15:00から。)

■道路からの看板


■施設入り口


■駐車場から館内入口への歩道








■館内入り口




■入館受付




■個室休憩室

受付を終わらせ、個室休憩室へ。
高目の個室休憩室だけあって、お部屋は広かったです。恐らく12畳ぐらいはありそう。夫婦2人ではちょっと広いかな。

テレビはありません。また隣接している施設などもないからか、とても静か。ゆっくり静かに過ごすには最高だ。

部屋から「富士山」も良く見えました。絶景です。

まずは、館内着に着替えて男湯に向かい、何人ぐらい入浴しているか確認しに行ったら、5人も居たので、先に昼飯を食べることにしました。

■アンティークな家具


■レトロな照明


■石油ストーブ:少し寒かったので、ストーブをつけました。エアコンはありませんでした。


■部屋から見える「富士山」


■さらに窓を開けて「富士山」


■昼食のため、備え付けのポットでお茶入れました。


■来る途中、西湘バイパス 西湘PAで買った「おにぎり弁当」、もう少し豪勢にしたかった。
 もう少し豪勢な弁当、デパ地下で買いたかったなー。後、施設内に電子レンジがあれば、良いなと思いました。

(※ここは、レストランなどが併設されていないため、飲食物は持ち込み可です。)



■もぐもく。≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグモグ




■男湯

昼食後、お風呂に向かいました。お風呂は、館内の廊下を歩いた先にあります。

男湯入り口から、館内スリッパを脱いで脱衣所に入る。いつ改装したのかわからないが、新しくきれいです。

お風呂の方は温泉マニアが喜びそうな、秘湯の共同浴場風の脱衣所とお風呂の仕切りがない、渋い造りになっています。

浴室は高い天井のヒノキ造りで広くは無いが開放感があります。

浴槽は3つあり、奥の大岩側の湯壷は入浴禁止で、手前にある2つ浴槽は仕切りがあって中温(左)と高温(右)に分かれています。

奥の大岩の湯壷は、源泉が染み出ていて手を入れると非常に熱く高温湯、しめ縄がかかって、なにやら神様を祭られているような雰囲気だ。

湯に浸かると超クリアなお湯が勢いよくあふれて、ちょっと熱めだが、とても気持ち良いい (* ̄ー ̄)o。

■館内の廊下(廊下の先:中央が男湯、右側が貸切風呂、左折で女湯へ)


■男湯入り口


■脱衣所






■奥の大岩の湯壷:神秘的なしめ縄


■奥の大岩の湯壷:「眼のために顔だけ湯に入れることができます」と書いてあったが、熱く高温湯だったのでやめた(゚A゚;)アツー。




■入浴できる2つ浴槽:中温湯(左)と高温湯(右)


■中温湯(左):40度ぐらいかな?


■高温湯(右):42度以上はあるな!蛇口から温泉が勢いよくあふれていました。




■浴室右の蛇口にはヒシャクが置かれ飲泉も可能な温泉冷泉あります。まろやかな味だ。


■ここでは、石鹸、シャンプー使用禁、体を洗うには貸切風呂を使用する。




■女湯

女湯の方は妻にお願いして撮ってもらいました。女湯は、館内廊下を突き当たり左折で、さらに先ににあります。

基本的に写真を見る限り、男湯と構造は同じかと思われます。

違う点は、女湯横に、女性専用の無料休憩所があるようです。

■この先「女湯」目印


■さらにこの廊下を進み女湯へ


■女湯:入浴できる2つ浴槽:高温湯(左)と中温湯(右)


■女性専用の無料休憩所(パウダールームの代わりかな?)




■館内

■無料休憩所①:入り口


■無料休憩所②:個室休憩以外にお風呂から出たところに無料休憩所があります。


■無料休憩所③:座敷、無料マッサージチェア


■無料休憩所④:本棚


■かまど①:無料休憩所の隣に「かまど」があります。


■かまど②:昔湯治場だったころの名残でしょうか?レトロな気分で心休まります。


■男性トイレ:トイレもきれいです。(洗面所)


■男性トイレ:立ちション処


■男性トイレ:洗浄便座も装備されています。最高。ワァ──o(。´・∀・`。)o──ィ♪


■他の個室休憩室:
早い時間に入館して既に退室したお部屋を覗いてみました。ここは和室で6畳ぐらいの広さ、恐らく入浴料込み2,300円のお部屋かと思われる。我々夫婦では十分な広さ、今度、早めに来てここにしよう。やはり、畳にゴロリでお昼寝できるのが良いですよね。




■中庭

館内中央には広々した中庭があり、芝生の隅々に木々が植えられており、またこの古い建物にマッチします。けっこう広くて清々しいです。
初夏の青々した木々や秋の紅葉の時期だと色々な景色が見られて楽しめそうです。(* ̄∇ ̄)o

■広々した中庭






■中庭から見る「箱根ロープウェイ」


■中庭あるベンチ:もう少し暖かくなれば、気持ち良いだろうな!(4月上旬だと、まだ、ちと寒いぜ!)


■中庭ある灰皿:喫煙所




■お堂へお散歩

最後に施設内にある「お堂へお散歩」です。ここも景色が良く気持ちいいーです(* ̄ー ̄)o。

■姥子温泉 資料館












私は横浜在住ですが、比較的近い所にこんなに良いところあったなって、もう少し早いうちに来ておくべきだったと、後悔をしてしまいました。
箱根で静かな時間を過ごしたい人には是非ともお勧めの一湯です。




にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。